挫折しないフランス語独学教材なら網野式、口コミ、評価、解説ブログサイト

フランス語教材内容【実践編】

 

さて【導入部】【基本編】とつづきいよいよより実践的な
【実践編】となります。

 

あいさつや日常的な会話、旅行などで使える易しい会話表現を、
ゲーム感覚での1つ1つ穴埋めや文字並べ替えなどのエクセサイズ形式になっています。

 

【実践編】

 

第三編 実践編:動詞基軸で基本会話表現を身につける!

 

Aあいさつ

 

B最初の応答・呼びかけ表現

 

C義務・必要性・依頼・許可を求める表現

 

D質問表現・困った時の表現

 

E自己紹介

 

F日本を紹介する

 

G感情表現

 

[解答編]
[おわりに]

 

以上が網野式動詞フォーカスフランス語入門のテキストの主な内容になります。

 

 

内容補足

 

網野式動詞フォーカスフランス語入門では、
カバーしている内容は少し詳しい感じの初級文法です。

 

「フランス語を動詞基軸でとらえる」ことを徹底している点に特徴があるようです。

 

フランス語はセンテンスの中での語順が厳しく決まっていることから、
どの単語がどの品詞にあたるかを識別することが重要になってくるそうです。

 

そのようなことからもテキストでは動詞について

 

「色分け表示」

 

を行ってくれています。

 

色で分けることにより、動詞をはじめとした
「識別能力を身につける必要がある品詞」が認識しやすくなっています。

 

また、テキスト内のフランス語の例文や単語はフランス語ネイティブの発音がリスニングできるように
音声ファイルが特典として付属しています。

 

音声ファイルは使い勝手もよく、テキストを持ち歩かなくても
通勤電車や車の中、お部屋など、どこでもフランス語のネイティブ音声を聞き学習の助けとすることができます。

 

そして何よりも網野式では構成を明確に「動詞基軸」にしています。

 

まず、基本文型にあたる動詞関連の章を前半に配置

 

基本編でひととおり、おおまかにでも文法と易しい文を理解できるようになった段階で最後の実践編に進むことで
旅行会話などの会話表現集に載っているようなより実用的な会話を学習することができ様に構成されているそうです。

 

実践的な会話文は実際の会話場面を想定しながら学習ができるので、
フランスを旅しているかのような気分で楽しく学習していくことができるかと思います。

 

網野氏いわく、

 

会話表現が訳つきで並んでいるだけですと
「日本語訳を見ただけで理解した気になってしまう」
おそれがあるそうです。

 

そこで、考えながら身につけて頂けるよう、
すべての表現例が問題形式になっているのだそうです。

 

重要な単語については、なかなか1回では覚えられないので、
あえて同じ単語の問題が繰り返し出てきたりするように工夫してあります。

 

結果的に最後の会話表現エクセサイズまで学習して頂ければ、
フランス語の基本は確実に身につけられると網野さんは言っております。

 

「動詞フォーカス」を基本書として頂く場合は、
お手持ちのフランス語教材を時々読み(聴き)直してみると、
新たな発見があったり、覚えやすくなったりすると思います。

 

これからもフランス語の文や文章を読む場合は、
少なくとも動詞や動詞句に色をつけるとより深い学びを得ることができるようです。

 

語学学習には終わりはありません、
以後も網野式を基本として様々なフランス語の参考書などにも目を通すことを続けていくことで、
皆さんのフランス語力はより一層高まっていくことでしょう。

本物のフランス語学習法は網野式!